Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 小規模施設における感染制御認定薬剤師の現状
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.18 No.3 Autumn 2013

小規模施設における感染制御認定薬剤師の現状

堀切雅哉(市立藤井寺市民病院 薬局/感染制御認定薬剤師)

薬剤師の専門制度が発足し数年経過した。当院では感染制御認定薬剤師が抗菌薬使用状況の把握と適正使用の促進を目的とし、院内感染防止委員会において抗菌薬の月間使用量を提示している。また、インフェクション・コントロールチームにおいては、主に環境整備面などでも活動をしている。今回これらを踏まえて小規模施設の活動を報告検討した。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.18 No.3 p7 Autumn 2013

関連サイト