Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 地域で取り組む感染対策 ―MRSA対策を中心に―
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.20 No.1 2015

地域で取り組む感染対策
―MRSA対策を中心に―

栁橋秀行(利根中央病院 薬剤部)

当院のある利根沼田地域は、群馬県の約4分の1を占める面積に人口約9万人と過疎化が進む地域で、地理的にも周囲から隔離されており、この地域での医療完結を目指している。2012年4月の診療報酬改定で、感染防止対策加算が400点になり、地域連携加算100点も新設され、院内でもICTチームの活動が活発化した。この改定前の3月には、地域7病院(加算Ⅰ:2病院、加算Ⅱ:3病院)と利根沼田保健福祉事務所も参加した「利根沼田ICT連合会議」として地域カンファレンスを開始した。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.20 No.1 p7 2015

関連サイト