Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 低水準消毒薬の使用状況と綿製品が濃度に与える影響 ―京都府内9施設共同調査より―
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.20 No.2 2015

低水準消毒薬の使用状況と綿製品が濃度に与える影響
―京都府内9施設共同調査より―

大林巧志(京都第一赤十字病院 薬剤部)

京都薬剤師感染予防研究会(KIPS-P:Kyoto Infection Prevention Society for Pharmacist)では、2011年から京都府内9施設の病院薬剤師が中心となり、感染対策における知識と技術の向上、薬剤師間のネットワーク構築による地域間の情報共有を目的に活動を行っている。2014年度の活動テーマを「低水準消毒薬の管理方法」として、各施設の採用消毒薬の種類や開封後の使用期限の設定、また、綿製品の浸漬による濃度変化について調査を行ったので報告する。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.20 No.2 p7 2015

関連サイト