Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 消毒剤の持続性についての評価
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.20 No.3 2015

消毒剤の持続性についての評価

吉田 真也(大垣市民病院 薬剤部)

ドアノブやベッドサイドなどの高頻度接触面は毎日の清拭が基本であり、消毒剤を用いる必要はないとされている。また、血液・体液汚染のある場合や耐性菌による汚染の恐れがある場合には消毒剤の使用が推奨され、可能な限り病原微生物を減らすことが必要である。そこで、今回 in vitro による消毒剤の持続性について評価を行ったので報告する。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方はこちらよりご請求ください。

Carlisle Vol.20 No.3 p7 2015

関連サイト