Y's Square:病院感染、院内感染対策学術情報 > 感染対策学術情報 > 医療関連感染対策情報季刊誌より(Carlisle) > Report2 > 薬剤師が担う感染防止対策活動の現状と今後について
Carlisle
医療関連感染情報季刊誌より
Vol.21 No.1 2016

薬剤師が担う感染防止対策活動の現状と今後について

新岡 丈典(秋田大学医学部附属病院 薬剤部)

院内感染防止対策は多職種連携で実施することが重要であり、今日では、薬剤師が感染防止対策チーム(Infection Control Team:ICT)へ参加することが当然の時代となった。一方、ICTの業務内容や活動範囲は年々多岐にわたってきていることから、診療報酬の改訂内容や関連学会からの提言に鑑みて、ICTにおける薬剤師自身の業務活動も随時見直していく必要がある。薬剤師が担う感染防止対策活動の中心となる消毒薬や抗菌薬の適正使用啓発について、当院の現状を顧みた。

※この記事に関しては抜粋のみ掲載しております。全文をご覧になりたい方は
こちら
よりご請求ください。

Carlisle Vol.21 No.1 p7 2016

関連サイト