Review


感染部位

Review INDEXCARLISLE INDEXHOME


血液

●中心静脈カテーテル関連感染予防におけるアルコール含有ポビドンヨード製剤とクロルヘキシジン製剤の使用比較-17/2/5
●透析療法におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌制御への挑戦-17/2/2
●中心静脈カテーテル感染の制御:米国小児外科学会臨床研究委員会のシステマティックレビュー -17/1/2
●埋め込み接続ポートおよび中心ラインの使用期間における血流感染リスクとの関連-17/1/1
●2種類の手袋廃棄方法と2種類のゴミ箱までの距離における手指汚染および環境汚染レベルの比較-16/4/4
●新生児集中治療室患児の医療関連血流感染症の単独予測因子としての在胎週数-16/4/3
●小児外科におけるクロルヘキシジン皮膚消毒による静脈栄養療法時の敗血症と菌血症発生率の有意な減少-16/4/2
●2%クロルヘキシジンでの1回スワブ(ふき取り)は、ポビドンヨードの2回消毒よりも 血小板分離(採取)の微生物汚染防止のためには、より効果的である-16/1/5
●手指衛生教育プログラムが新生児集中治療室における血流感染の発症に及ぼす影響: プログラム導入前後における比較介入試験-15/4/3
●中心静脈ライン関連血流感染症予防プログラムの効果-15/4/2
●中心静脈カテーテル接続管理の集学的アプローチはカテーテル関連血流感染を低下できる-15/4/1
●カテーテル接続部への2%クロルヘキシジン含有70%イソプロパノール消毒による血流感染症の減少: 造血幹細胞移植小児病棟における試験 -15/1/2
●成人を対象とした抗菌中心静脈カテーテルに関する研究: システマティックレビューとメタアナリシス-14/3/4
●重症患者のカテーテル関連血流感染のリスクファクターと生命予後:多施設試験-14/3/3
●免疫抑制血液疾患患者におけるカテーテル関連血流感染防止に関するヘパリン生食と管腔内エタノールを比較したプロスペクティブ二重盲検無作為研究-14/2/1
●静脈注射部位消毒のための10%ポビドンヨード水溶液と2%クロルヘキシジンチンキ剤のランダム化比較試験:血液培養汚染速度に及ぼす効果-14/1/5
●患者および構成単位レベルでの中心静脈カテーテルに関係する血流感染速度における病院実践の衝撃:多重集中研究-13/3/5
●集中治療室患者におけるクロルヘキシジン浴によるカテーテル関連血流感染減少効果-13/2/1
●ICUにおけるカテーテル関連血流感染の減少を目的とした介入-12/3/1
●透析室におけるA. xylosoxidans亜型xylosoxidansによる長期間施行中心静脈カテーテル関連のアウトブレイク-11/3/2
●メタアナリシス:血管内留置器材に関連した血流感染の診断方法-10/4/4
●クロルヘキシジン/プロパノールとポビドンヨード水溶液の併用による皮膚消毒は中心静脈カテーテルの細菌付着を減少する-10/1/1
●中心静脈カテーテルのコロニー形成防御に対するポビドンヨードアルコールの有効性:無作為交差試験-9/4/2
●2002年の米国における輸血を介したウエストナイルウイルスの伝播症例について-9/2/2
●新生児集中治療室における10%ポビドンヨードと0.5%クロルヘキシジングルコネート70%イソプロパノールによる消毒効果の比較-9/3/1
●集中治療室における敗血症症候群の費用と院内発症敗血症の影響-9/2/4
●2002年の米国における輸血を介したウエストナイルウイルスの伝播症例について-9/2/2
●米国と米国以外の国の中心静脈カテーテル感染率の比較:感染制御調査における過程と指針の評価-9/1/2
●血管カテーテル挿入部位管理におけるクロルヘキシジン液とポビドンヨード液の比較:メタアナリシス-7/4/1
●すべてのカンジダ血症患者から血管内カテーテルは抜去するべきか? エビデンスに基づいたReview-7/3/5
●外科ICU患者におけるカンジダ血流感染のリスクファクター:NEMIS(The National Epide-miology of Mycosis Survey)の前向き研究-7/2/6
●新生児の中心静脈カテーテル感染予防におけるポビドンヨードとグルコン酸クロルヘキシジン包埋ドレッシングの無作為比較試験-6/4/1
●黄色ブドウ球菌による菌血症の原因となる鼻腔保菌-6/2/1
●緑膿菌による血流感染時と気道保菌時の換気管理に伴う超未熟児肺炎の相違-6/1/3
●乳児における敗血症の原因となったKlebsiella oxytocaに汚染された消毒液-6/1/1
●血管アクセスケアに的をおく感染予防戦略のICU院内感染の発生率に対するインパクト-5/4/6
●研修医の教育は血管内留置カテーテル関連感染のリスクを減少する-5/4/5
●在宅医療におけるneedleless システム使用に関連した血流感染と感染制御実践の重要性-5/4/2
●血管内留置カテーテル関連感染の予防-5/3/4
●集中治療室における抗菌剤で処置した3管腔カテーテルの-評価-5/3/1
黄色ブドウ球菌菌血症の院内感染危険因子-4/4/1
●新生児経静脈栄養法における中心静脈カテーテル関連感染のsemi-quantitativeおよびquantitative培養法、typingを用いた疫学的研究-4/3/1
●2つの抗菌剤透浸中心静脈カテーテルにおける感染防御効果の比較-4/2/3
●血液透析関連の器具に起因する血流感染アウトブレイク-4/1/4
●黄色ブドウ球菌による菌血症患者のアウトカムに関するメチシリン耐性の影響-3/2/4
●1980年から1993年における病院感染および市中感染としての黄色ブドウ球菌菌血症―血管内留置の影響とメチシリン耐性について-3/1/4
●抗菌カテーテルの使用による中心静脈カテーテル関連血流感染の予防−無作為、コントロール研究-3/1/1
●集中治療室患者における中心静脈または動脈カテーテルの菌の定着と、感染を予防するための2つの消毒剤のプロスペクティブな無作為試験-2/2/1
●メチシリン耐性および感受性株の鼻腔保菌中における院内感染性-2/1/3
●病院内血流感染症―感染率、死亡率および全入院死亡への影響の経年変化-1/1/5


呼吸器

●口腔内除菌に伴う人工呼吸器関連肺炎予防 :システマティックレビューとメタアナリシス-17/1/6 
●新規手指衛生プログラム導入後の混合集中治療室における人工呼吸器関連肺炎の減少-16/3/6
●体位交換前の口腔内分泌物除去によるICU成人患者の人工呼吸器関連肺炎発生率減少: 比較対照臨床試験-14/3/2
●換気装置に関連する肺炎のための診断技術の確率化された試み-12/3/5
●人工呼吸器に関連する肺炎の防御のための局所クロルヘキシジン:メタアナリシス-12/3/2
●呼吸器感染症における手洗いとリスク:量的システマティックレビュー-11/4/5
●A型インフルエンザ感染の処置の間でのオセルタミビル(タミフル)耐性-11/3/5
●病院環境表面の重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-10/2/2
●香港の市中病院における医療従事者間に発生した重症急性呼吸器症候群(SARS)のアウトブレイク-9/2/1
●心臓血管外科手術患者における院内肺炎の発生率の減少-8/3/6
●ノースカロライナ州で発生した結核の集団感染:共用した噴霧器による伝播-6/3/1
●カナダの病院勤務者の結核感染に及ぼす病院の換気法と危険性-6/2/4
●医療廃棄物からの結核菌の伝播-6/1/4
●緑膿菌による血流感染時と気道保菌時の換気管理に伴う超未熟児肺炎の相違-6/1/3
●臓器移植患者のLegionella micdadei肺炎の爆発的流行:評価、分子疫学と感染制御-5/3/6
医療従事者におけるインフルエンザワクチンの効果:無作為割付試験-4/3/4
●ヒト結核菌毒性株の広範囲伝播感染-3/3/1
●気管支鏡光ファイバーによるヒト結核菌の伝播−DNAフィンガープリント法による同定-3/1/3
Mycobacterium tuberculosis 高度薬剤耐性株(W1株) の伝播−社会的感染と汚染気管支鏡を介した院内感染-3/1/2
膵嚢胞性線維線症外来におけるβ−ラクタム耐性緑膿菌の広がり-2/1/4
●ファイバー気管支鏡におけるMycobacterium gordonae-1/3/2
Burkholderia cepacia(かつてはPseudomonas cepacia)の定着、または感染の発生、気管支感染と吸入療法に関連した感染-1/1/3


消化器

●開腹結腸直腸切除吻合術の術前処置におけるポビドンヨード浣腸と次亜塩素酸ナトリウム浣腸の比較−多施設ランダム化比較試験-12/3/3
Clostridium difficileによる院内感染下痢に付随する費用と致死率-7/3/3
●新生児集中治療室でSerratia marcescensによる3回連続したアウトブレイク-7/3/2
●バンコマイシン耐性腸球菌の広がりにおける“colonization pressure”の役割-3/3/4
●媒介物中におけるヒト腸内ウイルスの殺菌消毒-3/2/3
Escherichia coli O157H7感染の散発的発生におけるリスクファクター-2/4/3
●バンコマイシン耐性enterococciへの挑戦:臨床、疫学的研究-1/1/4


尿路

●尿路カテーテルの不適正使用:プロスペクティブ観察研究-17/3/1
●システマティックレビューとメタアナリシス:入院患者におけるカテーテル関連尿路感染の発生と 尿道カテーテル使用の減少を目的としたカテーテル除去通知システムの効果-16/1/3
●在宅患者における尿道カテーテル挿入部洗浄に対する水と消毒剤の効果比較:ランダム化比較試験-13/4/4
●携帯用コンピュータによるサーベイランス:あなたの“手のひら”における疫学-11/2/3
●コンピュータを介した医師へのフィードバックと看護師管理プロトコールによる院内でのカテーテル関連尿路感染の防御-11/1/5
●バンコマイシン耐性腸球菌による細菌尿の疫学調査−レトロスペクティブ研究-6/1/2
●カテーテル留置関連尿路感染症は症状がまれである―1,497件の導尿患者のプロスペクティブ調査―-5/3/5


創傷

●傷口を閉鎖する前のポビドンヨードの局所適用は血清中のヨウ素レベルの有意な増加に関係する-16/4/6
●介入教育、器具滅菌法の変更および包括的な術前皮膚処置の手順による帝王切開手術部位感染の減少-15/3/1
●メチシリン耐性黄色ブドウ球菌が原因である皮膚および軟組織感染-13/1/6
●消毒剤、ヨード、ポビドンヨードと外傷性創傷の洗浄-12/3/4
●股関節および膝関節形成術後の手術部位感染に関する退院後サーベイランスの評価-11/2/2
●クロルヘキシジンは足および足首手術における優れた消毒効果を有する-11/2/1
●術後黄色ブドウ球菌感染予防のための鼻腔内ムピロシン投与-7/4/4
●緑膿菌による胸骨手術部位感染の爆発的流行は手術室看護師の爪真菌症が原因-7/2/5
●ポビドンヨードによる腟内処置と帝王切開術後の感染率 −無作為比較試験−-6/3/6
●退院後に発生する術後創感染(SSIs)の効果的確認:自動化調剤情報、投与データ、カルテ情報の使用-5/4/4
●熱傷病床におけるクロルヘキシジン液を介したAlcaligenes xylosoxidans起因性の創部感染-4/1/3
●直接介助看護婦が原因と思われる、心臓外科手術後胸骨創のCandida albicans病院感染-1/2/2


その他の部位

●医療関連感染の潜在的要因としての医師や看護師の衣服
-17/1/3
●口腔内手術に関連したB型肝炎ウイルスの患者間伝播-12/4/3
●保健従事者における職業に関連した刺激物接触皮膚炎およびアレルギー性接触皮膚炎-12/4/2
●南ネパールにおける臍炎と新生児死亡率の制御のための臍帯へのクロルヘキシジン局所適用:地域群間無作為化試験-11/4/1
●40年におよぶ消毒不全:塩化ベンザルコニウム汚染によって引き起こされた注射後Mycobacterium abscessus感染症のアウトブレイク-8/4/3
●バイアル瓶製剤の頻回使用による関節および軟組織感染症の発現-8/4/2
●小児における感染性結膜炎の処置に対するポビドンヨ−ドの比較試験 -8/2/5
●表在性真菌感染予防におけるポビドンヨード洗浄液;角膜真菌バイオアッセイを用いた予防評価-3/3/3
●周産期感染の防止のための分娩期の膣洗浄におけるクロルヘキシジンと滅菌水の比較-2/3/6


Carlisle 

Return