Review


その他の関連文献

Review INDEXCARLISLE INDEXHOME


サーベーランス

●新生児集中治療室患児の医療関連血流感染症の単独予測因子としての在胎週数-16/4/3
●早産児の環境臭調査―医療スタッフによるフランスのサーベイランスと新生児室で使用される清浄製品-16/3/1 
●介入教育、器具滅菌法の変更および包括的な術前皮膚処置の手順による帝王切開手術部位感染の減少-15/3/1
●3箇所の系列病院におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)のための共通したサーベイランス-13/4/6
●胸部術後の手術部位感染症がもたらす入院医療費の増大-13/3/3
●南ネパールにおける新生児の死亡率に及ぼすクロルヘキシジンを使用する新生児の皮膚洗浄の意義:集団を基礎としたクラスター・ランダム化試験-12/4/5
●携帯用コンピュータによるサーベイランス:あなたの“手のひら”における疫学-11/2/3
●股関節および膝関節形成術後の手術部位感染に関する退院後サーベイランスの評価-11/2/2
●積極的なサーベイランスはバンコマイシン耐性腸球菌による菌血症の発生を減少させる-9/2/6
●大学病院に入院している患者における散発性のバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)発生のコントロール-9/1/5
●カナダの救急病院における感染サーベイランスおよび感染制御の状況-9/1/4
●集中治療部の患者における病院感染発見のための選択的サーベイランスの評価-9/1/3
●米国と米国以外の国の中心静脈カテーテル感染率の比較:感染制御調査における過程と指針の評価-9/1/2
●集団感染がない状態における多剤耐性腸内細菌科の細菌のサーベイランスは効果的な感染制御戦略となるか?-8/3/5
●病院間における院内感染率の相違-8/2/1
●外科患者の院内感染を検出するための2つのサーベイランス法の比較-8/1/5
●1992−1998年における米国の外科手術部位感染(SSI)率:全国院内感染サーベイランスシステムに基づくSSI危険指数-7/1/3
●院内antibiogramの抗菌剤耐性獲得率は院内感染を起こす病原菌の罹患率を反映する-7/1/2
●米国小児病院における新生児および小児集中治療室の院内感染発生率-6/4/6
●抗結核薬に対する耐性の世界的傾向-6/3/5
●ある地域の健康療養施設におけるバンコマイシン耐性腸球菌の制御管理-6/3/4
●退院後に発生する術後創感染(SSIs)の効果的確認:自動化調剤情報、投与データ、カルテ情報の使用-5/4/4
●病院内感染に関係したメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の地域社会株-5/1・2/1

●イングランドとウェールズにおける流行性メチシリン耐性黄色ブドウ球菌とバンコマイシン耐性腸球菌の伝播力学-4/3/6
●多剤耐性Methicillin-Resistant Staphylococcus aureusクローンの大陸間伝播-3/4/1
Acinetobacter baumanniiによる病院感染:微生物・臨床疫学-3/4/4
●連合王国における妊婦のHIV−1の疫学と知見:1988年から1996年に実施されたナショナル・サーベイランスの結果より-3/4/6
●英国の大都市の介護施設におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)-3/3/5
●感染リスクのない小児におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌による市中感染-3/3/6
●1980年から1993年における病院感染および市中感染としての黄色ブドウ球菌菌血症―血管内留置の影響とメチシリン耐性について-3/1/4
●介護ケア施設(skilled−nursing facility)におけるメチシリン耐性・感受性黄色ブドウ球菌による感染と保菌状況のサーベイランス-2/4/6
●薬剤耐性肺結核症追補調査、ニューヨーク、1994年4月-2/3/4
●ヨーロッパの集中治療室の感染率調査結果における主要な病原菌-2/1/2
●薬剤耐性肺炎球菌の影響を最小限に食い止めるために-1/3/6
●常在菌としてのMRSA-1/2/3
●ヨーロッパにおけるICUでの病院感染の広がり-1/2/1
●病院内血流感染症―感染率、死亡率および全入院死亡への影響の経年変化-1/1/5


その他の病院
感染関連文献

●集中治療室と病棟清掃を急速に改善させた蛍光剤を使用した監視とフィードバック-17/3/5
●シカゴ首都圏の救急車からの黄色ブドウ球菌株の検出と分析-17/3/4
●感染制御における資格認定の意義:感染制御部の特徴や感染制御方針が多剤耐性菌感染症の発症率に及ぼす影響-17/3/3
●臨床関連汚染微生物数基準の確立:軟性消化管内視鏡の適切な処理と保管のための指標 -17/3/2
●尿路カテーテルの不適正使用:プロスペクティブ観察研究-17/3/1
●イギリスの国民保健サービス計画(NHS Plan)による環境清掃への取り組みについて-17/2/3
●医療関連感染の潜在的要因としての医師や看護師の衣服
-17/1/3
●2種類の手袋廃棄方法と2種類のゴミ箱までの距離における手指汚染および環境汚染レベルの比較-16/4/4
●看護師の手指衛生を改善する自動モニタリングシステムの施行-16/4/1
●手術室の環境衛生改善を確認する新しい手法-16/3/3
●手指の微生物叢を干渉する諸要因:465人の医療従事者からの試料の回帰分析-16/2/6
●超高速ハンドドライヤーと従来からの温風ハンドドライヤーの衛生学的効果の比較評価-16/2/5
●手指皮膚炎の予防プログラムがもたらす効果:文献のシステマティックレビュー16/2/3
●最適な手指衛生の実践に向けた医療従事者教育:現場のニーズに対応した教育-16/1/4
●同室入院患者との接触が医療関連感染にもたらす影響-15/3/3
●世界保健機関(WHO)の手指衛生観察方法-15/2/3
●病院危機管理計画の評価:感染制御指針-15/2/2
●医療関連感染および手指衛生の重要性と意義に対する看護師ならびに内科医の認識: 香港における多施設実地調査究-15/1/5
●看護師による術前皮膚処置が腹部手術後の手術部位感染に与える効果-15/1/4
●長期間保管している21製品のN95型使い捨て式防塵マスクのろ過性能の評価-14/4/5
●擦式アルコール製剤使用に関する蛍光ラベル擦式消毒剤と皮膚水分量の測定を用いた 医学生への教育効果の短期的評価-14/4/3
●職業的皮膚疾患の予防:高齢者療養所における職場的介入試験-14/4/2
●手指衛生ガイドラインを支持する評価―効果的な実例と領域調査―14/4/1
●傷口の洗浄法のための水道水と滅菌生理食塩水の多施設比較-14/2/6
●異なる試験条件下における抗菌性および非抗菌性石けんの活性を比較するための代替手指汚染手法-14/1/6
●手指衛生への介入と医療関連感染発生率との関係における現在までの報告の総合的論評-13/4/2
●医療スタッフに対する3つの有効な介入による手指衛生改善コンプライアンス −他の方法を真似できるか−13/4/1
●医療機関における耐性菌感染に起因する費用―経済理論と経済効果−13/3/4
●手術室における節水、衛生-13/3/2
●MRSAが生存する環境管理の重要性─病院清掃の例-13/3/1
●1999年から2005年の間でのアメリカ合衆国におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌による入院期間および死亡-13/2/6
●黄色ブドウ球菌感染についての国内の傾向:6年間以上の経済的負担および死亡率における影響力(1998〜2003年)-13/2/5
●感染患者隔離施設における清掃効果の比較;清掃用薬剤による清掃 vs 消毒剤による清掃 vs 清掃スタッフ強化訓練後の清掃用薬剤による清掃 -13/1/4
●機械的に酸素吸入している患者(大人)における肺炎の予防のための口腔の清浄化:組織的な再調査およびメタ分析-12/4/6
●ヨーロッパの病院における感染制御の対策と機構の現状,2001:ARPAC研究-12/1/3
●病院環境における細菌の抗菌剤耐性の緊急性の臨床意義-11/2/6
●医療施設における抗菌薬の耐性を予防するキャンペーンの推進結果に対する評価-11/1/3
●栄養不良は病院感染にかかわる一つの要因である-10/1/6
●看護師の人員数および技能は病院感染の主要な決定因子か?-10/1/4
●CEN/TC216:現在と将来の欧州消毒薬標準試験法の作成における役割-9/1/1
●米国健康管理施設における感染制御プログラムのための職員配置の必要性:Delphiプロジェクト報告-8/2/2
●衛生と感染の因果関係を示す根拠は何か-7/3/1
●病院独自の臨床および経済的効果に及ぼす抗菌剤管理プログラムの影響-7/2/2
●韓国における看護学生および医学生のユニバーサルプリコーションに関する知識と実施状況調査-7/2/1
●優先研究課題プロジェクト:2000 これからの感染制御と病院疫学の方向性の確立-6/4/4
●バージニア州、長期入院施設の感染管理専門職員の必要性-1/1/2


Carlisle

Return