Review


感染予防策

Review INDEXCARLISLE INDEXHOME


予防策全般

●手指衛生教育プログラムが新生児集中治療室における血流感染の発症に及ぼす影響: プログラム導入前後における比較介入試験-15/4/3
●若年層の間でのマスクの使用、手指衛生、および季節性のインフルエンザ様疾患: ランダム化した介入的な試み-15/2/6
●外科系、内科系、および脳神経系の集中治療室での手指衛生の遵守: 直接観察と計算上の消毒薬使用量との比較‐15/2/5
●スウェーデンの保育所におけるアルコール含有手指消毒剤使用による欠席率の減少効果-14/2/2
●急性期病院におけるMRSA制御に関する隔離実施とそのコンプライアンスの役割-14/1/1
●手術患者を対象としたMRSAの入院時大規模スクリーニング試験と病院感染に関する検討-13/4/3
●カンジダの手指保菌と病院職員における危険因子-12/4/4
●指導者の手指衛生の実践が学生の手指衛生率に及ぼす影響-11/3/3
●アルゼンチンにある第三次医療病院のICUにおける手指衛生の改善に伴う院内感染の低下 -11/1/6
●医療施設における抗菌薬の耐性を予防するキャンペーンの推進結果に対する評価-11/1/3
●感染を起こしにくい処置での麻酔医から患者へのC型肝炎ウイルス感染例-10/3/2
●看護仕事における皮膚の保護:手袋とアルコール消毒の推奨-10/2/3
●医師における手指衛生:実施状況、意見、認識-10/1/3
●感染制御看護師:国家的調査-10/1/2
●床などの表面消毒の有用性-9/4/1
●環境表面の清潔および手指洗浄の間での汚染の可能性-8/4/6
●医療従事者の手指衛生遵守における模範となる人と病院設計に関する影響-8/4/1
●小学校における児童の欠席に及ぼす総合的な手指洗浄プログラムの効果-7/4/5
●韓国における看護学生および医学生のユニバーサルプリコーションに関する知識と実施状況調査-7/2/1
●オランダにおける透析患者のHCV感染の有病率と発生数:全国的な前向き研究-6/2/3
●HIV/AIDSおよび他の血液媒介病原体に感染している保健医療従事者に対する国家政策-6/1/6
●血管アクセスケアに的をおく感染予防戦略のICU院内感染の発生率に対するインパクト-5/4/6
●医学生の体液曝露について:7年間の縦断調査より-4/2/5
●教育病院における手洗いの実施状況-4/2/6
●保健医療従事者の業務上の感染症:パート2-2/2/6
●薬剤耐性肺炎球菌の影響を最小限に食い止めるために-1/3/6
●抗菌薬耐性微生物の発生および広がりに対しての予防制御対策-1/3/5
●バージニア州、長期入院施設の感染管理専門職員の必要性-1/1/2


接触予防策

●医療スタッフにおける手指衛生改良プログラムの再考-17/2/1
●医療従事者による手指衛生のリスク判定における個人差-17/1/5
●新規手指衛生プログラム導入後の混合集中治療室における人工呼吸器関連肺炎の減少-16/3/6  
●北ニューイングランドの長期療養施設におけるノロウイルスのアウトブレイクのリスク要因としてのアルコールを主剤とする手指消毒剤の使用:2006年12月〜2007年3月-16/3/5 
●多剤耐性菌のための接触予防策:現行の推奨事項と実際の実施状況-15/3/5
●手術室で使用する携帯電話および固定電話による麻酔専門医の手指の細菌汚染-13/1/5
●手指衛生の効果におけるNurse Cohortingの影響-12/2/6
●患者介護期間での手指への伝播のエビデンスに基づくモデルおよび改良演習の役割-12/2/4
●集中治療室における患者用ファイルの汚染:症例記録ノートを入れた後の完全な手指洗浄の適用-11/1/1
●医療従事者の手によって媒介されたバンコマイシン耐性腸球菌-10/3/3
●メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)の病院内管理における隔離手段:組織的な再評価-10/2/6
●病院環境表面の重症急性呼吸器症候群コロナウイルス-10/2/2
●取り出し式ペーパータオルに関係する細菌の伝播および交差汚染の可能性について-9/2/5
●ICU内の患者がバンコマイシン耐性腸球菌(VRE)に感染する危険因子としての環境汚染の影響-9/1/6
●教育病院におけるメチシリン耐性黄色ブドウ球菌に対する予防措置の遵守-8/2/4
●新生児集中治療室におけるCandida parapsilosis水平感染によるカンジダ血症-8/1/2
●ガウン着用の是非:バンコマイシン耐性腸球菌の獲得に及ぼす影響-7/4/6
●ICUにおけるコンピュータ・キーボードと水栓ハンドルは病原菌の媒介となる-6/2/5
●研修医の教育は血管内留置カテーテル関連感染のリスクを減少する-5/4/5
●保健医療スタッフによる手洗いの遵守
使いやすいアルコール基剤擦式消毒剤の導入効果-5/4/1
●血管内留置カテーテル関連感染の予防-5/3/4
●MRSAの蔓延対策、ICUにおける費用対便益分析-5/1・2/4
●接触隔離対策の逆効果-5/1・2/5
●感染制御施策法によるバンコマイシン耐性腸球菌伝播抑制の違い-4/4/2
●病院感染病原菌としてのAcinetobacter属-4/1/5
●医師や看護婦のペンの病院感染病原体による汚染-3/2/5
●聴診器による院内感染源の可能性?-2/3/5
●医療従事者の手指の細菌数における指輪の影響-2/2/3
●集中治療室(ICU)での手袋とガウンの併用と、手袋のみの単独使用におけるバンコマイシン耐性陽球菌感染防止効果の比較-2/1/5
●MRSA院内発生期間中の接触隔離contact isolationの効果-1/4/2
●バンコマイシン耐性黄色ブドウ球菌:制御対策の必要性の観点から-1/3/4


空気予防策

●結核が疑われる患者の空気感染隔離病棟使用の有効性の評価-11/3/1
●重症急性呼吸器症候群(SARS)発症病棟におけるSARSコロナウイルスの空気感染と環境汚染-10/4/2
●重症急性呼吸器症候群ウイルスの空気伝播の科学的根拠-9/4/5
●一人のSARS患者に接した香港の医学生の間でのSARS集団-9/3/6
●航空機における重症急性呼吸器症候群(SARS)の伝播-9/3/5
●カナダの病院勤務者の結核感染に及ぼす病院の換気法と危険性-6/2/4
●多剤耐性結核の病院感染アウトブレイク-2/4/2
●多剤耐性結核菌の院内感染-1/1/1


飛沫予防策


その他の
  予防策

●入院患者の手の微生物獲得状況と患者の手指消毒導入後の状況-17/3/6
●大規模教育病院にある3種類の診療室における換気と空気感染リスクについて-17/2/6
●急性期ケアける多剤耐性菌の感染予防および制御プログラムの総合レビュー: 社会生態学的見通し-16/4/5
●大学病院勤務看護師におけるアトピー性湿疹の有無による手指皮膚炎:危険因子の評価-16/2/1
●体位交換前の口腔内分泌物除去によるICU成人患者の人工呼吸器関連肺炎発生率減少: 比較対照臨床試験-14/3/2
●手術室における導線の調査―感染管理との関連―14/3/1
●包括的“Bundle”導入による大学病院での強毒性クロストリジウム・ディフィシルBI株感染のアウトブレイクの制御-13/2/3
●空調システム汚染に関連した外科患者における侵襲性アスペルギルス感染症のアウトブレイク-9/2/3
●エビデンスに基づくガイドラインの勧告水準に関する新システム-7/1/4
●適切な抗生物質使用法の促進:CDC(Centers for Disease Control and Prevention)の見解-7/1/1
●在宅医療におけるneedleless システム使用に関連した血流感染と感染制御実践の重要性-5/4/2
●HCVで汚染させた内視鏡の用手洗浄消毒法による消毒効果の検討-4/4/3
●血液透析関連の器具に起因する血流感染アウトブレイク-4/1/4
●B型肝炎ウイルスの病院内伝播と穿刺採血による血糖値モニタリング-4/1/6
●5分間のポビドンヨード洗浄法と1分間のポビドンヨード洗浄後のアルコール擦拭法の殺菌効果の比較-3/4/3
●気管支鏡光ファイバーによるヒト結核菌の伝播−DNAフィンガープリント法による同定-3/1/3
Mycobacterium tuberculosis 高度薬剤耐性株(W1株) の伝播−社会的感染と汚染気管支鏡を介した院内感染-3/1/2
●抗菌カテーテルの使用による中心静脈カテーテル関連血流感染の予防−無作為、コントロール研究-3/1/1
●布製品の特徴と手術用ガウンの遮蔽効果の関係-2/2/4
●ブラシを用いた手術時手洗いと消毒剤単独手洗いとの無作為比較試験
 -2/2/2

●集中治療室患者における中心静脈または動脈カテーテルの菌の定着-2/2/1
●ナーシングホーム居住者の鼻腔黄色ブドウ球菌の完全除菌のためのムピロ
 シン軟膏とクロルヘキシジン清拭併用効果-1/2/6

Burkholderia cepacia(かつてはPseudomonas cepacia)の定着、
 または感染の発生、気管支感染と吸入療法に関連した感染-1/1/3


Carlisle

Return